宝の山はここ!

欧州の写真をUPしてみた。笑
ここ数日、写真が無くてつまらない。
見ていて楽しくないって!
と自分が思った。笑

たまたま今日は、仕事の画像を整理してるからUPしてみた。笑
しかし、この時期はヨーロッパばかりだったなあ〜。


オランダの街で。
小学生の頃、テレビで『兼高かおるの世界旅行』という番組が有った。
いつも見ながら、自分も世界の国へ行ってみたいと思ってた。
思ってたら、いつの間にか仕事で行くように成っていた。
私って、ラッキーだよね。笑


オランダのトラム。
ロサンゼルスやドイツのトラムの写真は、まだデジカメが無くてポジでしか持っていないからUPできないけど、何処の国のトラムもカラフルなデザインでカッコ良かった。



ヘルシンキ(フィンランド)の市場。
アジアの市場と違って、凄くおしゃれでカッコよく見える。
天気が良かったせいかな?





街で見かけた路上パフォーマンス。
これ、何だろう?
のこぎりかな?
よく解らないけど、いい音してた。笑







ミュンヘンの市庁舎。
冬だったけれど、快晴!
ヨーロッパの冬で快晴は珍しいらしい。
やっぱり私は『晴れ女』。笑







思わず悲鳴を上げてしまったミュンヘンの宮殿。
名前は・・・なんだっけ?
たくさん見すぎて覚えていない。
なんたらレジデンツ(宮殿)だったような。笑



いったいどれだけ裕福な国だったんだろう?
残念なことにノイシュヴァンシュタイン城には行かれなかった。残念!


今日はこれで終わり。笑

ホントに仕事だったのって?
仕事です。(キッパリ!
これは合い間の写真。
残りは全部海外の展示場のインテリア写真ばっかです。

その証拠に、自分は一枚も写っていない。
(証拠写真が無いとも言う。。。泣)


もっと見たいと思ったら、ポチッとね!笑
人気ブログランキング!
おしゃれkid's  ママ部門ランキング
| ヨシミとチホのママ | 12:55 | comments (0) | trackback (38) | 外国で学んだこと |
TシャツとGパン姿がOKな訳。
さてと!
このブログを始める時に私なりに決めた事が有ります。
1.人の気持ちが暗く成るような内容は書きたく成っても絶対に書かない。
2.一見マイナスな内容に思えても、必ずプラス思考で終わらせる。
3.カッコ付けずに簡単な優しい言葉で書く。

この3つ。
だいたい世間で起こる暗くて重たいニュースについては、色々な専門家が語っているのでロクに勉強をしていない私などが「あーだこーだ。」言うのも何ですし、自分に備わっているらしい動物的勘だけで生きている私には難しい事はわからない訳で。笑


Leeさんは何故スーツを着て仕事をしないのか?
(Leeさんについては、27日の記事を読んでね。ったく!靖国問題のニュースを見たばかりに寄り道してしまったワ! いや、人のせいでは無いな。自分が書きたかっただけだった。笑)


前にも書いたように、Leeさんの仕事は日本企業が中国工場で製造する商品を、日本の市場に合ったものにするため、私達日本人の希望を現地の言葉で技術者に伝える仕事をしている。

そんな時、工場の社長や、工場長などの偉い人に話しをするのはもちろんだけど、Leeさんは工場の中で働く職工の人達の所にも行って、出来るだけみんなと話しをするようにしていると言う。



これは簡単に出来ることじゃない。
中国の工場には、500人以上の人が働いているんだから。。。
(上は工場で働く人達。法律では18歳以上と言っていたけれど、実際は中学生くらいの子もも多かった。

500人以上が働く工場では、(しかも中国だし)社長や幹部が解っていても職工の人達にまで日本の考えが伝わらないらしい。
ここが日本の工場との大きな違い。

それじゃってことで、スーツを着たような人が現場に行って色々話たところで「偉そうに何言ってんだか!」ってなものでしょう。
だって、誇り 埃やドロが付くのを気にしなきゃならないようなスーツを着ていたら誰も心を開いてくれないのは当然のこと。

右に紹介しているDVDの『エリン・ブロコビッチ』にも同じようなシーンが有ったなあ〜。
(農場主に相手にされないエリート主義の女性に、「ほらね!だから困るんだよエリートは。」と思ったのは私だけ?笑)

かくいう私も新人コーディネーターだった頃、建築現場に入るときに、うっかりパンプスで行ってしまい大工の棟梁(とうりょう)に大目玉を食らったことがある。(あれは私がいけない。未だに恥ずかしい思い出。)

服装にはTPO(ティー・ピー・オー=時,場所,場合に応じた服装を使いわけるという考え方)が有る。
時と場所、その場の空気だよね。
中国は戸籍にも「農民戸籍」が有るくらい、身分と言うか生まれに区別が有る。(注:差別ではないよ。)
だから工場で働く人は、パンプスや革靴を履くエリートの人達に対して、それなりの感情を持っていてあたり前。外から来る人間にはもっとナーバス(神経質)に成る。

ここからは思いやりだよね?
そして、自分が相手に何かを受け入れてもらいたいと思ったら、やっぱり相手の立場や状況を考えなくちゃいけない。
だからLeeさんはTシャツにGパン、スニーカーで工場へ行くし、日本に来る時はスーツで来るんだよね。

いい笑顔でしょ?
これもLeeさんのお陰です。
もちろん私もスニーカーとGパン。彼女は品質管理をしてくれている。
私達でさえ気が付かないキズを見付けてくれる。
プロです!



日本の学校や会社に制服が有るのはちゃんと理由が有る。
無いのも理由が有る。

たとえ何も決まりが無いから、自由だからと言って好き勝手な格好をしていいのかと言えばそうじゃない。
そうじゃないけど残念なことに
最近は誰も叱ってもくれないし教えてもくれない。

たまに学校の先生が叱ると『個性を尊重していない。』だとか、『押さえつけの軍隊のような考え方だ。』と言う人がいるけれど、全ての場合がそうでは無いと思うことが有る。

オカシイものはオカシイんだよ。
浮いてる奴は浮いてるの。笑


はっきり言ってダサイと思う時も有ったり。
それを『個性』だとか言って、自分の感性の無さを隠そうとするなんてカッコ悪いでしょ?笑

いざという時にヘマしないように、毎日TPOを考えて洋服や髪形を決めようね!休みの日には思い切り洒落っ気を出して頑張ってみよう!それが練習なんだよ。
似合いもしないのに「流行っているから」というだけで雑誌のマネなんかしないでね。ダサイ子供を持ってしまったら、ママは泣いてしまうよ。笑

さてさて、私も「カッコ悪いママだね。」なんて言われないように今から練習しようかな?もし、明日の私がダサかったら、遠慮なく言って頂戴。

ママン!カッコ悪すぎ〜。しっかりしてよ!
ってね。笑


中国で頑張るLeeさんと職工さんに応援クリックをお願いします!
人気ブログランキング!
おしゃれkid's  ママ部門ランキング
| ヨシミとチホのママ | 03:06 | comments (0) | trackback (145) | 外国で学んだこと |
言語を伝えるのが通訳の仕事じゃない!
昨日に続いて中国のお話し。
右の写真は駅に続く歩道で果物の行商をする人達。

昨日の記事に載せた子供達が遊んでいる路地から一歩外に出ると、そこには近代的な高層ビルが立ち並んでいる風景がある。

信じられる?
広い道路やシャネルブルガリなどのブランド店が有るの。
本物とバチ物(笑)、お金持ちとそうで無い人

もう何もかもごちゃ混ぜ状態。笑
それが全部同じ場所、同じ時間の中で他人の事などお構いなしに生きている。ホントにどうなっちゃってるのかこの国は?

私が訪中している間、アテンド(案内)してくれたのは韓国国籍のLeeさん。
Leeさんは、母国の韓国語と中国語の他に英語と日本語の4ヶ国語を話すビジネスマン。(最近は英語を話す機会が無いので、そろそろ話せなくなるかも?と笑ってたけど。)

Leeさんが中国語の勉強を始めて、ビジネスの通訳が不自由なく話せるように成ったのはこの3年だとか。
たった3年だよ?凄いよ!
この話しを聞いて、もう目の玉が落ちるほど見開いてしまった!
何故かって、ハングル文字知ってる?
あれは絶対に「漢字」ではない。笑
世界で一番合理的で、なおかつ美しい記号。

中国語の発音、と言うよりイントネーションは本当に難しいそうです。
日本語で言えば「端」と「橋」と「箸」のような表現が、6つほど有るものも有るそうで、それを覚えるだけでもかなり大変だとか・・・。

 
 
 笑顔で通訳するLeeさん。
 何故かスーツを着ていない。
 毎日TシャツとGパンで私達を迎え
 に来て、取引先に行くのです。
 その理由は後で・・・


Leeさんは5年程前に起業(きぎょう=自分で会社を起こすこと)して、韓国に家族(奥さんと子供2人)を残して単身で中国に渡ったそうです。
(渡ったと言っても地続きの国境をマタイダだけだけど。笑)
ところが見事に、気持ちよく失敗!笑
たくさんの負債(ようするに借金)を抱えてしまったとか。

ところがLeeさんはそこで諦めなかった!
(凄すぎる・・・よその国で失敗したら自国に逃げ帰りたくなるじゃない、普通。)
失敗の原因を必死に考えたら、自分に足りなかったのは言葉だと気付いたそうです。

当初Leeさんは中国人の通訳を雇って、中国工場の製品を韓国や日本に輸出するエージェント(代理人、代理商)をしていたけれど、「通訳が通訳の仕事しかしない」ために商売が上手く行かなかった。
と言うの。笑
通訳が通訳の仕事しかしないって?
「何がいけないの?」って思った瞬間に、私には解ったんだな、これ。

私も同じ経験が有ったんだよね。
通訳の人は確かに「正確に私の言ったことを訳している。」
でもね、話している人の感情や熱意は通訳できないんだよね〜。
(だから私の部屋にも英会話教材が山と成っていたりして。笑)



休憩写真。
ベンツの中から撮った『ロバが引く荷車』の写真。ブレちゃったなあ〜。




そこでLeeさんは通訳に頼らずに、
自分で自分の言葉を伝えよう!
と決めたそうです。
もうここで、この「決めた!」って言うのが凄い!
自分で自分のやるべき事を決めたんだよね。

それからはお金を使ったそうです。
教材や中国語学校に?
違う、違う。笑
本を買って文法は勉強したけれど全く話せない。(よく有る話だわ。)
もう悔しくて中国人の友人を一杯作って、毎日のように食事やカラオケに誘って中国語漬けに成ったそうです。(その費用は全部自分持ちだった。)
努力と資金の賜物か、たった1年で完璧な中国語をマスター!

今、Leeさんは私達と中国人の間で、通訳する「言語」思いや感情を包み言葉」に変えて伝えてくれている。

彼の努力によって私達のビジネスは順調に進行中。
私は、彼から教えてもらった。

失敗は失敗じゃなくて、何かを学ぶためのサインだと言うこと。
たった一回の失敗(のように見えるもの)なんか「屁」でもない。笑


これから通訳を目指す君達に伝えたい。
通訳の仕事は、色々な「言語」を(伝えたい人の)「言葉」に変えることだよ!
「言語」を「言語」に変えても本当の言葉は伝わらないんだってことを。

よ〜し!
今日から私も気持ちが伝わるように本物の日本語を話すぞ!


明日はLeeさんが「どうして中国でスーツを着ないの?」というお話です。


今日は中国で頑張るLeeさんに応援クリックをお願いします!
人気ブログランキング!
おしゃれkid's  ママ部門ランキング
| ヨシミとチホのママ | 23:49 | comments (2) | trackback (x) | 外国で学んだこと |
中国って凄いよ!
ワールドウィングも申し込んで、
準備万端のはずが・・・
私の携帯くんたら、メールが出来なかったよ。
画像日記をリアルタイムで更新するはずだったのに。
トホホです。笑


電話は全く問題が無かったのになあ〜。
次回はPCを持参する!

留守中のメールの返事は今から頑張ります!
コメントもありがとうございました。



今回私が訪問したのは中国の東北部、遼寧省大連市と大連庄河市。
大連の開発区(トステム、TOTO、コニカ・ミノルタとか日本企業が進出している国が指定した工業開発地域)にあるホテルから車で30分ほどの場所に有る建材工場と、高速で2時間ほど北に行った家具工場の2つ。(もう一時間走ると北朝鮮との国境だとか。)

今日までの4日間は仕事以外で本当に良い経験をさせてもらったと思う。
いつもの自分の姿を振り返えると恥ずかしくなって、もの凄く反省した。
自分はもっと色々出来るんじゃないか?
どこか心に甘えが有るんじゃないか?

と本気で思った。
マスコミや人づてでしか聞いた事の無い中国は、それほど私の想像と期待を良い意味で、見事に裏切ってくれた。

貧富の差が激しく貧しい人が多い国=暗い顔をした人々=暗い国。
という勝手なイメージを持っていたのだけれど・・・
全く違う!!
「逞しい。」と言うのは、あの国の事だと思う。
とにかく人々が逞しく自分を生きている事に驚いた。
しかも明るさまで感じた。

 ヨシミとチホも連れて来たかっ
 た!と滞在中に何度思ったか。
 旅行会社のツアーなんかじゃなく
 て、工場で働く人はもちろん警察
 が居なくなる夜に、歩道で果物や
 野菜を売る行商や露天の食堂を
 開いてお金を得る人達の姿を見せ
 たかった。


工場に勤めている人を見て、気付いた事が有る。
男性は革靴、女性はパンプスを履いて仕事をする人は大卒のエリートらしい。
(日本と違って進学の難しい大学で、本気で勉強しているからかなり優秀!)
もちろん大学に行かれるのは数パーセントの裕福な家の人だと思う。

滞在中、私達の移動に用意された車は社長のベンツ。
工場に通う従業員は錆びたバイクか自転車。
ロシアに近い内地から働きに来ている従業員は、
6畳一間に6つのベッドが有る(ベッドと通路しか無い。)寮で生活している。
街では噂通り、
ベンツの横を野菜や木材を載せたロバが荷車を引いて行く。

現地とのやり取りをお願いしているLeeさんの話。
「中国では日本の19世紀、と20世紀を生きている二通りの人が居る。18世紀も居るかな?(笑)とにかく中国にはまだ日本のような21世紀は来ていないんですよ。」
と言う。

このLeeさんにはとても素晴らしい話しを聞かせてもらった。
昨夜遅くまで海辺の大飯店(レストラン)で聞いた家族、勉強、仕事などの人生の話。
今日はもう遅いので、続きは明日。

※less-is-moreさんのブログ「激流」に中国と日本の関係(歴史問題)についての記事があります。これから大人に成る君達には、国際人としてとても重要なお話。リンクしておくので読んでね!


留守中もクリックありがとうございました!
明日も皆さんにとっていい日でありますように!
人気ブログランキング!
おしゃれkid's  ママ部門ランキング
| ヨシミとチホのママ | 23:57 | comments (6) | trackback (272) | 外国で学んだこと |
このページの先頭へ
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018年11月 次月>>


自己紹介!


Kaoさんが描いてくれました!

『マスターの教え』ジョン・マクドナルド 著
連続読みぃ〜!笑



POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

OTHERS
このページの先頭へ